W610Q100_26

夜驚症ってきいたことありますか?

もしかしたら初めてお聞きになる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「夜驚症(やきょうしょう)」とは、乳幼児期に起きる睡眠障害の一つです。よく似た症状に「夜泣き」があり、混同されている方や、夜驚症を知らず、すべて夜泣きだと思う方も多いようです。

しかし、この夜驚症と夜泣きはそのメカニズムが全く異なるものだといわれています。

今回は、夜驚症と夜泣きの違いについて調べてみました。うちの赤ちゃんは夜泣きだと思っていたけど実は夜驚症なのかも…なんていうこともあるかもしれませんので、是非ご参考になさってみてくださいね。

■夜驚症は乳幼児の睡眠障害の一種です

夜驚症とは、深く眠っている間に突然目を覚まして激しく泣き叫んだり恐怖やパニックに襲われて暴れたりする症状があります。直前まで何事もなく眠っていたのに、本当に発作的に起き上がり恐怖に震えたり、わんわん泣いたりします。

合わせて心拍数が跳ね上がったり、呼吸がはやくなり過呼吸気味になったり、冷汗のような汗を大量にかいたりするのです。また、症状によっては嘔吐をしてしまう子どももいます。

夜驚症は子どもに起きやすい睡眠障害の一種とされており、病院で治療を行うことも可能です。

■夜泣きとの違いは…?

眠っている所、突然起きワンワン泣き叫ぶ…この状態って夜泣きもよく似ていますよね。

でも夜泣きは病気ではなく、成長の過程の一つだといわれています。この2つの症状の違いは一体どのようなものなのでしょうか?

この2つの症状には明確な違いとされているものがあります。それは、症状が起きるときの睡眠状態です。

夜泣きはレム睡眠時、夜驚症はノンレム睡眠時におこるとされています。

夜泣きをしている子の場合、部屋を明るくしたり、声掛けをしたり、いったん空気を入れ替えたりすると、パチリと目をさまし泣き止むことがあります。

これは夜泣きが覚醒状態に近いレム睡眠時におこるため、目が覚めやすいからです。一度目が覚めると、泣くことを止め、また寝かしつけることでゆっくりと眠ることができるようになります。

しかし、夜驚症の場合は、体をおこし泣きだしたからと様々な対応をとってもなかなか目をはっきりと開けず覚醒状態になりにくいのです。

夜驚症がもっとも起こり易い時間というのが睡眠を始めて3時間程度までの時間といわれているのですが、この時間のノンレム睡眠はとても深い眠りの状態となっています。

この深い眠りの時間に夜驚症が起きるのです。深い眠りの状態から急に脳の一部が覚醒状態になり、体は深く眠っているのに、意識の一部だけがある…なんていう状態が夜驚症だといわれています。

そのため、何度起こそうと子どもに刺激を与えてみても目が覚めることなく泣き続けたりをしてしまうのです。大人がどんな言葉をかけても届くことはなく、見届けるしかありません。

夜驚症の症状は通常30秒~5分程度で収まって、その後は何事もなかったかのように睡眠を続けるパターンが多いです。

そして、夜驚症の場合は夢遊病の症状もあわせて現れる場合もありますので、パパやママはよく注意をしてあげましょう。

子どもが寝ている夜中に急に泣きだしたら、焦ってしまうものですが、夜泣きか夜驚症かを見極めるのはその後の対応の為に重要になってきます。