これは意外と効果あり?パパママの寝たフリ大作戦!

W610Q75_11

日々赤ちゃんの寝かしつけで体はボロボロ。ずっと抱っこしっぱなしで少しは休憩したい…なんて切実に思うパパやママも少なくないのではないでしょうか。

そんなパパやママにオススメしたいのが、寝たフリ寝かしつけです。

■赤ちゃんの機嫌がいいうちに行うのがコツ

寝たフリ寝かしつけはその名の通り、パパやママが赤ちゃんの前で寝たフリをするというただそれだけです。

このコツは1つだけです。

赤ちゃんが眠たい兆候を見せたうちのまだ機嫌がいい時に行うということです。

赤ちゃんは突然泣き出すこともありますが、大体眠くなったときには欠伸や、顔をくしゃくしゃしたりなど赤ちゃんなりのサインが出てきます。このサインが出ている直後というのは特に機嫌が悪くないことが多いです。

このサインを見逃したり、このサインのうちにうまく寝かしつけが出来なかったりすると、赤ちゃんのグズグズタイムに突入してしまうので、赤ちゃんから出る「眠たい」サインを見落とさないようにし、サインが出たらなるべく早めに実行するようにしましょう。

■方法はシンプル!全力で寝たフリをしましょう

寝たフリ寝かしつけでは赤ちゃんとパパやママが同じ布団で眠る方が効果があります。赤ちゃんの中にはベビーベッドに連れて行かれただけで「一人にされる!」と泣いてしまう子もいるのです。寝かしつけにお困りでしたら、一度同じ布団で寝てみてください。

布団に赤ちゃんを寝かせ、その近くで、パパもママも横になり目を閉じます。たったこれだけで構いません。ただし、赤ちゃんが眠っている姿を見ていないとだめですので、赤ちゃんが見てくれるように始めのうちは少し気を引きましょう。

パパやママが眠っていると、赤ちゃんも、「眠っていいんだな」と感じて眠るようになるといわれています。赤ちゃんにとっては眠るという動作も大きな仕事の一つです。

「今は寝る時間ですよ」と教えてあげることで、赤ちゃんに生活のリズムを教え、またパパもママも眠っていることで、「自分の傍から離れない」という安心感を与えることもできるのです。

また、遊び足りない赤ちゃんも、部屋が暗く、パパもママも眠っていれば「今は寝る時間なんだ」とだんだん認識するようになります。他に遊んでくれる人がいない場合はあきらめて眠ってしまうというケースも少なくないようです。

また、重要なポイントは本気で寝ているように見せることです。赤ちゃんが起きている間は目を開けてもいけません。寝息なんかも演出してみるといいですね。ママの寝息や寝姿は赤ちゃんに安心感を与えるといわれていますから、本当に寝ているように見えるようにしましょう。

■あくまでフリが大切…本当に寝てしまわないように注意!

疲れているときに寝たフリをすると、横になれて体も楽になります。そして、ただのフリのつもりなのに、本当に寝てしまったなんていう話もよく聞く話です。

しかし、本当に寝てしまうと、赤ちゃんにとってよくないことが起こる可能性も捨てきれません。

寝相が悪く潰してしまう可能性もありますし、おもちゃなどを出しっぱなしにしていたり、タオルなどを近くにおいていたら、窒息や誤飲などにもつながる可能性もあります。

もし起きていられる自信がないのであれば、是非赤ちゃんもパパやママも眠ってしまってもいいように、赤ちゃんにとって気を付けなくてはいけないものを取り除いてあげ、パパやママが寝返りで潰すことのないようカバーなど工夫をしておきましょう。

新米パパママの為に…新生児の寝かしつけ方法オススメの5つ

W610Q75_10

産まれて数日の赤ちゃんって本当によく眠りますよね。出産した産院で赤ちゃんと同室で過ごした方は分かるかもしれませんが、1日の大半を眠って過ごします。

これは、慣れない外の世界や、授乳、排便などで体力を使いきってしまうためです。その時の行動のための体力を眠って回復するといった具合になります。

そんな新生児ですが、自宅に戻るころにはある程度の体力もついてきます。よく、産院ではずっと寝ていたのに、家に帰ってくると全然寝ないで泣いてばかり!という意見を聞きますが、これは案外間違いではなかったりしますので、そういうものだと思って、あまり気にしすぎないようにしましょう。

それでも、眠ってくれないと、お世話をするパパやママは体力的にも精神的にもつらいですよね。今回は、新生児に特にオススメといわれる寝かしつけの方法を5つご紹介します。どれか一つでもあなたの赤ちゃんにあうものがありますように。

■抱っこで小刻みにゆらゆら揺れてみる

新生児の赤ちゃんにダイナミックな動きは必要ありません。赤ちゃんは胎内にいるときに羊水にぷかぷかと浮いた状態になっています。その時の動きに近いのが、抱っこをして少しだけゆらゆら揺れることです。

頭と首を片方の手で支え、もう片方の手でお尻の部分を包みもちます。胸元に赤ちゃんを引き寄せ、小刻みにゆらゆらと揺れてあげましょう。

首などを支えていなかったり、大きな動きをしすぎたり、長時間の揺れは乳幼児揺さぶられっこ症候群になる事もありますので、十分注意してくださいね。

■ママの匂いを感じさせてあげる

産まれたばかりの赤ちゃんが、まず覚えるのはママの匂いです。赤ちゃんは始め目があまり見えていません。そのため、嗅覚が優れており、ママの匂いと他の匂いをきちんとかぎ分けることができるのです。

例えば普段ママが使っているタオルケットなどママの匂いが染みついたものを赤ちゃんにかけてあげてみてください。赤ちゃんはママがそばにいると感じて安心して過ごすことができるでしょう。

また、母乳育児をされている方は、母乳を少しガーゼなどに染み込ませてみるもの良いでしょう。ガーゼを赤ちゃんの枕の下に忍ばせてあげるだけでも赤ちゃんは敏感に匂いを感じ取ることができます。

まだ自分で顔にかかったものを取り払うことのできない赤ちゃんですので、顔にかからないように注意をしてあげてくださいね。

■背中をトントンしてみる

新生児はおなかの中にいたころの状態を一番心地よく感じます。そのため、その環境に少しでも近づけてあげると眠りに入り易いといわれているのです。

横抱きをして、赤ちゃんの背中を優しくトントンとしてあげてみてください。触れるか触れないかの優しい力で行いましょう。

■ビニール袋でガサガサ作戦

意外かもしれませんが、新生児はビニール袋のガサガサの音が大好き!それは赤ちゃんがママのおなかの中にいたときに聞こえていた音に近いからだといわれています

ビニール袋を赤ちゃんの耳元でガサガサとしてあげてください。大きな音は逆にびっくりさせてしまいますので、優しくしてくださいね。

■おくるみでおひなまきをしてみる

大人には信じられないかもしれませんが、赤ちゃんはモロー反射と言って、手をぴんっと広げたり、足を伸ばしたりという反応をし、この自分の動きにびっくりして目が覚めたり眠れなかったりすることがあります。

おくるみで赤ちゃんを包み込んであげましょう。

お昼寝をする子は時間に注意!日中の過ごし方も大切です

W610Q75_9

アナタの赤ちゃんはお昼寝はしますか?何時くらいにしていますか?

もし、お昼寝が17時以降という方は、是非日中の過ごし方について一度見直しをされてみてはいかがでしょうか。

生後3か月くらいまでの赤ちゃんはまだ朝も夜もわからず、眠りたいときに寝ますので、パパやママはそのタイミングを逃さずに寝かしてあげてください。そして、その時はご自分自身も眠るなどして体を休めるようにしてくださいね。

大体生活サイクルを作っていくのは生後3か月くらいからだといわれています。朝になるといったん赤ちゃんを起こし、夜になると寝かしつけを行います。このような事をすることで、赤ちゃんは朝には起きて夜には寝るんだということを学習し、だんだんと夜寝る時間が長くなってくるのです。

生後半年くらいになるとある程度リズムがつかめてくる子もいるようです。もちろん個人差がありますので、リズムが整うのが1歳くらいのお子さんもいますからあんまり不安にはならないでくださいね。

また、自分ではうまく生活リズムをつかめない赤ちゃんでも、パパやママがリズムを作ってあげるということはとても重要になります。

赤ちゃんがリズムが作れないからといつまでも赤ちゃんの好きにさせているとなかなか生活サイクルが整わず、パパやママは振り回されてしまうことになりますし、赤ちゃんも順応できず辛い思いをするかもしれません。

そのため、3か月くらいからは大人の生活リズムを基準にして赤ちゃんにもそれに沿うようにしてあげましょう。

■お昼寝が遅すぎると夜寝なくなる

赤ちゃんがなかなか寝ないという状況のときに、重要になってくるのはお昼寝の時間です。

日中全く寝ないという赤ちゃんもまれにいますが、多くの赤ちゃんはお昼寝をします。このお昼寝の時間が遅すぎると赤ちゃんは夜なかなか寝付けなくなってしまうのです。大人もそうですよね。お昼寝を遅くまでしていると、夜の就寝時間もそのまま遅くなってしまうなんてザラだと思います。赤ちゃんも同じなのです。

日中のお昼寝は出来るだけ16時まで、遅くとも17時までにするようにしておきましょう。

■お風呂に入る時間も重要なポイント

人間は体温が下がると眠りに入り易くなるといわれています。そのため、お風呂はできるだけ寝かしつけたい時間の2~3時間前には済ませるようにしておきましょう。

お風呂のあったかい感じでぽかぽかのまま眠る…なんていう赤ちゃんもいますが、多くの赤ちゃんはお風呂上りにコテンと眠ることはありません。

お風呂で上がった体温が下がる時が寝かしつけの絶好のタイミングともいわれていますので、お風呂の時間にも気を使ってみてくださいね。

■赤ちゃんも体力が付いてくる!存分に遊ばせよう

始めは寝てるか泣いてるか授乳されているかの赤ちゃんも、だんだんと笑うようになり、寝返りを打つようになり、手足が活発に動き出します。

はいはいや、つかまり立ち、つたい歩きなどもするようになると、赤ちゃんの体力も大分ついてくるのです。

赤ちゃんは自力での行動範囲が少ないですので、その体力を持て余してしまうことがあるといわれています。日中の刺激や、運動が少ないと、夜まで体力を持ちこしてしまい、夜中でも遊び足りない!とランランと起き続けてしまうなんていうこともありうるのです。

天気が良いなら外に出てみるだけでも赤ちゃんには十分刺激になりますし、公園やお散歩などもオススメです。ただ、あまりに長時間の外出などは赤ちゃんにとって負担になる事もあるので注意してくださいね。

  • ライブドアブログ