泣き疲れたら赤ちゃんは寝るってホントなの?

W610Q75_17

赤ちゃんってびっくりするぐらい泣きますよね。特に泣かせたりしていないのに、一日中泣いていることもあります。

赤ちゃんは言葉が話せません。赤ちゃんの一番初めのコミュニケーション術が泣くことなのです。

これは、何か不快な思いを訴えているときもありますし、要求を伝えているときもあります。授乳もして、オムツも変えて、室温や服装も整えたのに泣き続けているなんていうこともよくありますよね。

もしかしたら病気かも…なんて不安になったら、顔色や痛がっている所はないか、体をぐっと丸めたりしていないかなどを見てあげてください。身体的な不調を泣いて訴えることもよくあります。

そういったのも大丈夫な場合は、抱っこを望んでいたり、逆に抱っこがいやだったり、動きたかったりするのかもしれません。何の意味もないのに泣いているなんていうこともあると述べる方もいます。

先輩パパやママ、祖父母などに「子供は泣き疲れたら寝るから泣かせときなさい」といわれることもあります。でも、泣き声って気になるし、近所迷惑になるし…とイライラしてしまいがち。

赤ちゃんは泣き疲れたら本当に眠るのでしょうか?

よくいわれている言葉ではありますが、実際の所、科学的な明確な根拠があるというわけではありません。今は赤ちゃんを少しでも泣かし続けていたら虐待!と騒がれてしまう時代ですが、一昔前は違いました。

家族も核家族ではなく3世帯家族なんていうのもあたりまえで、子供も多く、中々赤ちゃんの世話に手が回らなかったというのも、こういわれてきた理由かもしれませんね。

今は、赤ちゃんが泣いたら出来るだけ泣く理由を取り除いてあげ、抱っこなどをしてあげることを推奨している人が多いです。

しかし、近年オーストラリアの大学が赤ちゃんの泣きと眠りについての研究で、意外な結果を発表しました。

生後7か月以降から6歳までの子どもを対象に夜泣きをする子供をどう扱うかという研究です。その結果、短い時間であれば泣いていてもそのままにし、赤ちゃんが自発的に落ち着くまで待っていたほうが、赤ちゃんが長時間寝るようになるといったものです。

また、その結果では、周りの家族のストレスも下がったということが発表されています。産後うつの可能性が40%も低くなったそうです。

もしかしたら、泣き疲れたら寝る…泣いてもいずれ寝るあながちウソではないのかもしれませんね。

それでも、泣いているわが子の声を聴いていると耐えられないという親御さんも多いですから、ご自分のしたいようにして赤ちゃんと触れ合うということも大切ではないでしょうか。

また、長時間の放置は良くないといわれていますが、抱っこが出来ない状況なんていう時は、声掛けだけでも十分有効です。泣き止まないかもしれませんが、赤ちゃんはパパやママの声が聞こえるというだけでも安心します。

成長と共に泣く回数も減ってきますので、今は大変でしょうがなるべくおおらかな気持ちで受け止めてあげてください。

眠たそうなのに眠らない…そんな時には一度起こしてみよう

W610Q75_16

赤ちゃんが顔をぐしゃぐしゃし出したり、あくびをしたり…眠たいなというサインをだしているので、さぁ寝かしつけ!と寝かしつけを始めたはいいけれど、ぐずぐずと不機嫌になるだけでなかなか寝付いてくれないなんていうことはありませんか?

赤ちゃんは大人ほど眠るのが上手ではありません。自分で眠たいと感じてもどのようにして寝付いたらいいのかわからないなんていうこともあるのです。

赤ちゃんが眠るためのお手伝いをパパやママはするわけですが、赤ちゃんの体調や、周りの環境、日中の過ごし方など、様々な要因で、普段眠れていてもなかなか寝付けない…なんていう日があるかもしれません。

そこに大声で泣かれてしまうと「なんで!眠いなら寝たらいいのに!」とイライラしてしまうこともしばしば…。

そんな時には一体どのように対応したらよいのでしょうか?

■そのまま寝かしつけるのはあきらめてみましょう

30分も1時間も眠たそうにするのにグズグズしている赤ちゃんを抱っこしてゆらゆらしてみたり、本を読んでみたり、音楽を聞かせてみたり…と寝かしつけるのは大変ですよね。

ずっとグズグズ泣き止まないと、近隣の住人の方に迷惑をかけてしまっている…という焦りも生じます。

そんな時にはいったん寝かしつけるのはあきらめて、泣き止ませる方にシフトしていきましょう。

■一度きちんと覚醒させてみましょう

ぐずぐずと眠たいのに眠れない状態の赤ちゃんは、睡眠の現実の世界を行ったり来たりしています。そこからうまく睡眠の世界に移行できないためぐずぐずとなってしまうのです。

例えていうならボタンが掛け違っている状態のようなものでしょうか。きちんと止めているはずなのに何か違和感を感じる…それが気持ち悪くて居心地が悪い、そんな状態に近いのかもしれません。

このような時は、いったん赤ちゃんをはっきりと起こしてしまいましょう。

でも、大きな音を聞かせたり、体をゆすったりして無理やりに起こしてしまうのは良くありません。

おむつを替えてあげる、外に出てみる、部屋の電気をつけるなど、赤ちゃんが自然とぱっちりなるように工夫してあげてください。

一度すっと目を覚ますとこれまで眠かったのがウソのように元気な時があります。おもちゃで遊びだしたり、パパやママに遊ぼうとアピールしてくることもあるでしょう。パパやママに時間的ゆとりがあるなら付き合ってあげるのもよいかもしれません。

ただ、それでも体は既に眠りを欲している状態にあるのは変わりませんので、あまり無理をさせないようにしましょうね。

できるだけ早めに寝かしつけたいなとお考えでしたら、もう一度初めから眠るための動作を行いましょう。この時、絵本や、あいさつ、音楽など入眠儀式を習慣づけておくと大変便利です。

それでもぐずるなら可能であれば、さっきママが寝かしつけていたならパパにお願いするなどをしてみて少し気分を変えてあげるのもよいかもしれません。

眠たいのにいつまでもぐずる赤ちゃんに一度試してみてくださいね。

母乳のママはチャレンジしてみて!添い乳で寝かしつけ

W610Q75_15


母乳で育ててますか?人工乳(ミルク)で育てていますか?混合ですか?

もし母乳や混合で育てているといった方の中で、添い乳をしたことがないという方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

■添い乳って大丈夫なの?

育児の情報が様々あふれている現代ですが、添い乳に関しても賛否両論あるのが実態です。育児の方法はそれぞれにメリットとデメリットがあり、このデメリットの部分が大きく出てしまった人や研究などではその行動は否定されています。

添い乳が大丈夫かどうかですが、添い乳することには全く問題はありません。ただし、行うタイミングや姿勢など注意点が様々ありますし、そこにはメリットもデメリットもあるのでご自分の判断でされてみてくださいね。

■添い乳の方法とは?

添い乳のやり方ですが、新生児期の赤ちゃんや頸が座る前の赤ちゃんは、なかなか怖いものがあるかもしれません。クッションやまくらなどを使い、赤ちゃんの頭がずれたり揺れたりしないように、工夫する必要があるでしょう。

まず、赤ちゃんを横向きに寝かせてあげます。この時首が座る前の赤ちゃんは、頸がぐにゃんとならないように支えを置いてあげる良いです。赤ちゃんに向かい合うようにママも横になり、下の鵜でのひじを曲げ、手のひらの上に頭を置いてください。

次に飲ませる方のおっぱいを赤ちゃんの口元に持っていきましょう。この時できるだけ赤ちゃんの背中や首などを支えるようにしてください。顔のみ横に向けるのではなく、体全体が向き合うようにしましょう。

赤ちゃんは自由に動けませんので、ママが赤ちゃんが飲みやすいように動いてあげることがポイントです。

■添い乳のメリット

赤ちゃんはママの匂いを敏感に察知し、ママや母乳の匂いに安心感を覚えるといいます。また、体温がすぐそばで感じられますので、安心感が増すのでしょう。赤ちゃんは多くをレム睡眠で過ごしますが、ママのそばで安心して眠ると怖い夢を見にくいのではないかという人もいるぐらいです。

添い乳は入眠儀式としては絶大な効果があるというのもよくいわれています。

また、疲れているママにとっては休息の時間にもなります。ずっと抱っこできつい…すこしでも横になりたい…なんて願うママも少なくないですよね。添い乳をすると赤ちゃんは既に横になっていますので、そのまま眠ってくれればいいですし、眠ってくれないとしても、ママも横になって少しでも休むことができます。

ママも赤ちゃんも楽が出来るという点で、添い乳は効果的な方法といえますね。

■添い乳のデメリットは?

添い乳のデメリットとして多く挙げられるのが、「添い乳以外で眠らなくなる」という声です。確かに、添い乳は絶大な効果がありますし、寝ながらおっぱいが飲めるので赤ちゃんにとっては理想の環境といえるかもしれません。

この環境に慣れてしまうと、他の寝かしつけ方法では寝てくれなくなるという体験談も多く上がっています。

また、乳歯が生えてくるころになると添い乳のまま寝てしまうと歯磨きがままならず虫歯になり易いのではないかという意見も多くあるのです。虫歯は乳歯だからいいやではなく永久歯にも影響しますので、出来るだけ避けたいですよね。普段のオーラルケアが大切になってきます。

そして、月齢が低い赤ちゃんの場合は、窒息の可能性も否定できません。添い乳をしながらママが寝てしまった場合、ママの胸で赤ちゃんの鼻や口を覆ってしまい、赤ちゃんが息が出来なくなってしまうという危険です。

横になって休むにしても、出来るだけママは赤ちゃんが寝るまでは寝ないようにしましょう。

  • ライブドアブログ