もうダメだと感じたら…様々なサポートを頼ってみよう!

W610Q75_20

毎日毎日決して休むことのできない赤ちゃんのお世話。それだけでも大変なのに、赤ちゃんが上手に寝てくれず、パパやママも寝不足の日々…なんて辛い毎日を送っていませんか?

眠れない…ということは人間にとってはとてもつらいことで、時にはくも膜下出血などの突然の病の原因の一部となり生死にかかわる事態を引き起こすきっかけとなることもあるかもしれません。

眠たいのに自分の意思以外(つまり赤ちゃん)が原因で眠れないと精神的にも病んでしまうこともよくあり、うつ病状態になったり、ひどい時は自傷行為(他害なども)に走ってしまうこともあります。

また、ぜったいにするつもりもなかったし、そんな人々のことを軽蔑していたはずなのに、眠れない原因を作る赤ちゃんを憎く思え害を与えてしまう…なんていう悲惨な事態になる可能性も秘めているのです。

このような状態になると、ご本人だけでなく、赤ちゃんや家族、周りの方々も不幸になってしまいます。

いままでとても頑張ってこられたことでしょう。赤ちゃんの為に、家族の為にと一生懸命だったのではないでしょうか。

もし、「もうダメだ…」と感じる瞬間があったら、その時は、是非外に目を向けてみてください。

地域の役所やNPO法人や市民団体など、実は様々なサポートの手が、アナタや赤ちゃんに差し伸べられています。

市民センターや児童館に行ったことはありますか?そういった場所では、保健師などによる相談会や、交流会、読み聞かせ会などの様々イベントが開かれています。

同じような月齢の赤ちゃんを育てている親御さんに出会えるかもしれませんし、先輩のパパやママからアドバイスが貰えるかもしれません。

保健師さんに、日ごろの不安を相談すれば、何か道筋が見えるかもしれません。人付き合いが苦手…なんていう方は直接役所の相談ダイヤルなどに電話してみましょう。いまは多くの自治体で保健師などと電話相談が出来たり訪問を受けたりできるようになっています。

定期検診のときに恥ずかしがらず「不安だ」ということや「もうダメだ」ということを伝えてみるのも良いでしょう。ご自分の不安を訴えることはけっしてダメな親のすることではありません。

また、一時的に赤ちゃんと離れてみるということも考えてみてください。

ずっとではありません。一日のうち数時間だけ離れてみるのです。

普段ママが面倒を見ているならパパに預けてみるのもよいでしょう。赤ちゃんの祖父や祖母に預けられる環境なら、すこしでも預けてパパとママで好きな時間を過ごしてみてもいいでしょう。

預け先がないという方でも、幼稚園や保育園、託児所には一時保育をしてくれるところもありますし、ファミリーサポートなどの制度のある地域もあります。

いったん赤ちゃんと物理的に離れてみて、その間したいことをしてみてください。とにかく寝たいなら思いっきり眠ってみましょう。カフェに行きたかったり、カラオケに行きたかったり、美容院に行きたかった利…その願いをかなえてみましょう。

今まで頑張ってきた自分自身にご褒美をあげてみてください。

もちろん、毎日毎日預けて赤ちゃんの存在も気にせずに自分の好きな事ばかりしていてはいけませんが、たまにはそういった息抜きを行うことも育児を楽しむコツではないでしょうか?

こんな日もあってもいいじゃない!といったん諦めてみる?

W610Q75_19

「どうしてうちの子は寝ないの!」とイライラしていませんか?

寝かしつけは毎日必ず行わなければならない生活の一部ですよね。そして、その時間がまるで地獄のように感じてしまうパパやママも少なくないかもしれません。日々本当にお疲れ様です。

例えば、今日一日だけは「こんな日があってもいいじゃない!」と諦めてみてはいかがですか?

毎日毎日ママが寝かしつけをしているなら、今日はパパが「こんな日があってもいいじゃないか!」とあきらめて、ママとバトンタッチしてみてください。

パパが赤ちゃんが寝ずに泣いたり遊んだりして、夜全然眠れないというならば、ママが今夜はパパを休ませてあげるのもいいのではないでしょうか。

もし、パパかママしかいないなら、ヨシッと気合を入れて諦めてみてください。

どんなに寝ない赤ちゃんでも、まったく眠らなければ人間は死んでしまいます。つまり、どこかで必ず人は眠るのです。眠らない人なんていません。赤ちゃんも必ずいつかは眠ります。

そのため、まずは今日一日、とことん赤ちゃんに付き合ってあげようじゃないか!とご自分が眠ることをあきらめてみるということをしてみてください。

そうすると、少しだけ心が軽くなりませんか?

お好きな音楽や、飲み物を準備してみましょう。簡単な夜食なんかもあるといいですね。もちろん、赤ちゃんのミルクが必要でしたらミルクやおむつの準備も忘れずにしましょう。

赤ちゃんのおなかをいっぱいにして、おむつも変えて、お洋服や室温も適温であって、なお眠らないなら、その眠らない赤ちゃんを真正面からどーんと一度受け止めてみてください。

赤ちゃんは自分で身を守れない代わりに、保護者の心の機微に気が付きやすいともいわれています。おおらかな気持ちで赤ちゃんを受け止めることによって、赤ちゃんに安心感を与えることができるのです。相手をしてくれるパパやママが穏やかであれば、その空気感は赤ちゃんにも伝わるかもしれません。

赤ちゃんは眠らず泣くかもしれませんし、ずっと遊びたがっているかもしれません。もしかしたらずっと抱っこをしないといけない状況になるかもしれません。それはとても大変な事だとは思いますが、是非一度赤ちゃんが望むままに時間を過ごしてあげてみてください。

そんなこともうしているよ!それでも寝ないんだよ!とお怒りの方もいらっしゃるかもしれませんが、それは「寝て」という親の希望を赤ちゃんに与えていますよね。そうではなく、こちらからは眠るためのアクションはせず、「とことん付き合ってあげよう」という心持が重要なのです。

もちろん身体的にも精神的にもずっと寝ずに相手をするのはきついです。でも、赤ちゃんの好きな時間に付き合うことで、もしかしたら、赤ちゃんが望んでいることや、どうすれば眠くなるのかなんていうことが見えてくるかもしれません。

ずっときゃっきゃっと遊んでいる子はもしかしたら日中の遊ぶ時間が短かったり、もっと体を動かすことを望んでいたり、お昼寝の時間に問題があるのかもしれません。

顔や頭などを手でくしゃくしゃとしながらずっと泣いているなら、赤ちゃんも眠たいのに、上手に眠れないだけかもしれません。

そうして、付き合ってあげて、赤ちゃんが眠った後は朝だろうが昼だろうが時間に関わることなく必ずあなたも赤ちゃんとゆっくりと眠ってくださいね。

とにかく一度聞かせてみて!赤ちゃんを眠りに誘う5曲とは…

W610Q75_18

赤ちゃんがなかなか寝ないとパパやママもイライラしてしまいますよね。眠ってほしいのに、寝てくれなくてそのイライラが伝わって赤ちゃんもグズグズ…なんていう悪循環にもよく陥ってしまいます。

暗い部屋の中で赤ちゃんをゆらゆらし、聞こえるのは泣き声とため息なんてことになったら本当につらいものです。そんなパパやママの手助けになるような赤ちゃんを眠りに誘う音楽があればうれしいですよね。

今回は、赤ちゃんを眠りに誘うといわれている音や曲を調べてみました。その中から特にオススメの5つをご紹介します。

■ゆったりとした曲を選び、アップテンポなものは避けましょう

大前提として、赤ちゃんを眠りに誘うための曲や音になります。そのため、たとえロックやパンクが好きなパパやママであったとしても、リズムの激しい曲やアップテンポな曲は避けましょう。

ゆったりとしたスローテンポの曲が赤ちゃんに受け入れられやすく、オススメです。

■入眠儀式として一定期間繰り返し聴かせてみましょう

たった1回聞いただけですーっと眠るほど効果がある場合もありますし、何度も繰り返し聴かせることによって、眠るようになる場合もあります。

大切なのは、「この曲(音)を聞くと眠る時間なんだな」と赤ちゃんに覚えてもらうことです。そのため、最低でも1週間は同じ曲を聞かせて試してみましょう。1週間たっても効果が現れない場合は、その曲は合わないと判断して、別の曲を探してみてください。

①オルゴールの音の曲
オルゴールの音からは、α派が出ているといわれています。このα派が赤ちゃんをリラックスさせ、安心して眠りに誘う効果があるといわれているのです。

赤ちゃんが眠りにつくためのオルゴールの曲は本当に様々あり、子守唄からクラッシック、最近のポップスまで発表されています。

パパやママの好きな曲もあるかもしれませんので、そういったものを選びましょう。また、1曲では短いので、15~30分くらいになるように数曲用意しておくと安心です。

②パパやママの子守唄
赤ちゃんが安心する音の一つにパパやママなどお世話をしてくれる人の声というのがあります。そのため、パパやママが歌う子守唄は赤ちゃんにとってとても心地が良い物なのです。

スローテンポであればどんな曲でも構いませんのでお好きな曲を歌ってみましょう。

③モーツアルトの曲
人が心地よく感じる音の一種に1/fのゆらぎというものがあります。これは、安心感やリラックス効果を与えることができるといわれており、人が自然と求める音ともいわれています。クラッシックの巨匠でもあるモーツアルトの曲はこの1/fのゆらぎがあるといわれているのです。

よくクラッシックを聞くと眠くなるという人がいますが、もしかしたら、この効果が現れているのかもしれませんね。聞こえるか聞こえないか程度のかすかな音で流すとよいということです。

④胎内の音
月齢が低い赤ちゃんほど、胎内に近い音を聞くと安心するといわれています。水の流れる音だったり、掃除機の音、ビニール袋の音なども近いといわれていますが、最近では、胎内音を録音した音源が出回っていたりもしています。

⑤心臓の音
パパやママの胸に赤ちゃんの耳を付けてあげてみてください。赤ちゃんは心臓の音にも安心を覚えるということです。こちらも音源はでていますが、一番良いのはやはりパパやママから直接聞こえる音ですので、抱きしめて聞かせてあげてください。

無料動画サイトなどでも「赤ちゃん 寝かしつけ」で検索すると多くの曲がヒットしますので、是非一度活用されてみてくださいね。

  • ライブドアブログ