寝返りができるようになったら…就寝環境に気を付けよう

W610Q75_23

生後3か月ぐらいになると徐々に寝返りができる赤ちゃんが増えてきますよね。初めて自分で移動する動作が出来るようになり、パパとママの感動も大きいのではないでしょうか。

しかし、寝返りができるようになると、気を付けなくてはならないこともたくさんあります。寝返りをする周辺には固いものや危険なものは置かないようにしましょう。寝返りを打ち始めたばかりの赤ちゃんは自分で危険を察知することはできません。

また、邪魔だからといって物をどかす力もありませんので、そのまま寝返りをしてしまいます。そのため、固いものに頭をぶつけてしまったり、布などが鼻や口を覆ってしまったりしてしまうのです。

これは、寝ているときにも同様のことがいえます。

■眠っているときにも寝返りをするようになる

寝返りは何も起きているときにだけする動作ではありません。眠っているときにも寝返りを自然としてしまうこともよくあるのです。

そのため、眠る時の環境には十分注意しましょう。眠っているときの寝返りは、起きているとき以上に無防備になります。泣いたりして痛い、苦しいなどを伝えることもない…なんていう時もあるかもしれませんので、大人が危険を取り払ってあげることが重要です。

■布団周辺には物を置かないようにし、枕にも気を付けよう

起きているときと同様に、周辺に物を置くのはやめましょう。赤ちゃんが眠っている傍にぬいぐるみなどがあるととてもかわいいのですが、寝返りしたことによって、そのぬいぐるみに口や鼻を覆われてしまい、呼吸困難になる…なんていうことも実際におこっているのです。

また、スタイなどをしたまま眠ってしまうこともあるかもしれませんが、できるだけスタイははずし、赤ちゃんから離れた位置に置くようにしましょう。スタイも寝返りを打った時にめくれたりして呼吸を難しくしてしまうことがあります。

そして、枕にも気を付けましょう。枕というと意外かもしれませんが、これも、寝返りを打ち、鼻や口が枕によって塞がれてしまうと赤ちゃんの呼吸を難しくしてしまう可能性があります。特に柔らかい枕などを使用している場合や、タオルを枕代わりにしている場合は、自発的に物をどけられるようになるまで枕の使用を控えるなどした方が良いでしょう。

■布団などにも注意が必要です

赤ちゃん用のベビーベッドやベビー布団を使用している方は、是非一度そのマットの堅さを確認してみてください。大人のものより固めになっていませんか?

これは、寝返りを打った赤ちゃんが、寝具に沈み込んで鼻と口を覆われてしまうのを防ぐためです。

大人の布団や、シーツ、毛布など柔らかいものを使用していると、寝返りを打った時に体が沈み込んでしまい、そのまま鼻や口が布で覆われてしまうことがあります。そのため、大人用の布団を使用している場合は、柔らかすぎないか確認しましょう。

また、掛布団も大人と一緒に使っていると寝返りをした際にそのまま中に潜り込んでしまい、呼吸困難になってしまうことにもなりかねませんので、注意してあげてくださいね。

赤ちゃんの周辺環境を安全に整えてあげるのは大人の義務です。赤ちゃん自身にはどうしようもありませんので、悲しいことにならないためにも、最善のことをしてあげましょう。

新生児って一体何時間寝ているのが普通なの?

W610Q75_22

新生児期の赤ちゃんのお世話って大変ですよね。ママはまだ産後の回復期にあって、昔は家事を出来るだけせずに回復に努めないと産後の肥だちが悪くなるともいわれていました。

でも、ママもパパも初めての赤ちゃんのお世話でゆっくり休むどころではないのではないでしょうか?

オムツに授乳に寝かしつけ…毎日必死な事だと思います。そんななかでも、寝かしつけが上手くいかないと悩むパパママも多いようです。特に初めての子どもの場合、この子は全然寝ないけど大丈夫なのだろうか?と不安になったり、逆に眠りすぎているけど何かの病気なんじゃないかと心配になってしまったりすることもあるかもしれません。

新生児期の赤ちゃんはいったいどのくらい眠るのが普通なのでしょうか?

■新生児期の赤ちゃんの平均睡眠時間は…?

新生児期の赤ちゃんの平均睡眠時間は、大体1日に16時間から18時間だといわれています。また、よく眠る子だと20時間から22時間眠っているなんてこともあるようです。

1日の9割を眠っているなんて大人からしたら信じられませんよね。それでも新生児期の赤ちゃんにとっては必要な時間。

ママのおなかの中でゆっくりしていたのに、急に外の世界出て肺で呼吸もしてミルクや母乳も飲んで、泣いて…と、とても体力を使っているので、その体力回復の為に眠る事も重要なことなんです。

泣くからおなかがすいたんだと思って、授乳をするとそのまま眠ってしまうなんてことも多いのではないでしょうか?

新生児期の赤ちゃんは、泣いて、飲んで、眠ってを繰り返しています。そのサイクルはだいたい2~3時間で繰り返されるといわれており、長時間眠り続けるということはあまりありません。

そのため、朝だろうが昼だろうが、それこそ夜中であっても赤ちゃんは目を覚まします。また、実は眠るのにも体力がいるのですが、新生児期の赤ちゃんにはその体力も少ないので、眠る時間も短いのではともいわれているのです。

1日に1回も目が覚めないなんという事態になると授乳もままなりませんし、一度病院に診てもらう事をオススメしますが、基本的には授乳時やおむつの交換時、沐浴の時などに目が覚めているという状態であれば、どんなに眠っていても眠りすぎで病気ということはありませんので、ご安心くださいね。

■心配しないで!16時間も眠らない赤ちゃんもいます

眠りすぎの新生児でも病気ではないという説明をしましたが、「うちの子逆に全く寝ないんですけど!」と思っていらっしゃる方もいるかもしれません。

でも心配しないでください。16時間程度というのはあくまでも目安になります。これよりも少なくても問題ありません。

体力のない赤ちゃんは、ちょこちょこ寝て起きて授乳を繰り返します。2~3時間ごとの目安で繰り返しますが、2時間だと授乳は10回以上となりその分睡眠時間は短くなるともいえます。

また、授乳中に気持ち良くてそのまま眠ってしまう赤ちゃんもいますし、ママやパパに抱っこされていないと眠らない赤ちゃんもいます。

眠りにはその子その子の個性も強く出ますので、「そういう子なんだ」と受け入れてあげ、おおらかな気持ちで接してあげることも大切です。

何よりも、赤ちゃんの生活に合わせてパパママも生活しないといけませんので、赤ちゃんが眠っている時間はできるだけ大人も体を休めるようにしましょう。

ただし、睡眠時間が10時間未満だという新生児期の赤ちゃんの場合は是非一度病院や保健師さんに相談をされてみてくださいね。

安心して!寝かしつけにかかる時間に早い遅いはありません

W610Q75_21

毎日、授乳と寝かしつけの繰り返しであっという間に一日が終わってしまうなんていう方もいらっしゃるのではないでしょうか?

寝かしつけにかかる時間が毎回1時間や2時間…となってくると、もしかしてうちの子どもは異常なんじゃないか?もしかしたら私の育児方法は間違っているんじゃないか?と疑問に思ったり心配になってしまう方も少なくないかもしれません。

では、寝かしつけにかかるのに早いとか遅いとかの目安ってあるのでしょうか?

■眠るための時間も赤ちゃんそれぞれの個性がある

赤ちゃんの寝かしつけに早いとか遅いとかの目安はありません。たとえば5分で眠る子もいますし、1時間かかっても目がらんらんと輝いている子もいます。

そもそも、寝かしつけを始めるタイミングがそれぞれ異なりますので、寝かしつけにかかる時間について早い遅いを定めることができないのです。

アナタは一体どのタイミングで寝かしつけを開始しますか?毎日決まった時間になるとですか?それとも決まった行動をとった後(たとえばお風呂に入って30分たったらとか、ご飯を食べたらとか)ですか?はたまた赤ちゃんが眠そうなそぶりを見せてからですか?

それによっても寝かしつけにかかる時間は大きく異なるでしょう。

寝かしつけを初めて5分で眠る子も1時間で眠る子も、それはその子の個性といえます。

■寝かしつけのタイミングを変えてみる

1時間や2時間たってもなかなか眠ってくれないと、パパやママはつらいですよね。それが毎日となれば本当に憂鬱になってしまうものです。

1週間同じ方法で寝かしつけをしてみて、時間が掛かって仕方がないと辛ければ、一度寝かしつけのタイミングを変えてみてはいかがでしょうか?

赤ちゃんも人間ですので、どこかで必ず「眠りたい」というタイミングが来ます。そのタイミングに合わせて寝かしつけをしてあげると案外赤ちゃんは上手に寝てくれるものかもしれませんよ。

日中の生活も寝かしつけにかかる時間に大きく影響してくるといいます。たとえば夕方6時や7時まで昼寝をしていたとしたら、夜8時になったからさあ寝かしつけをしましょうといってもなかなか眠れないのは当然のことです。

日中昼寝が遅くなってしまったら、臨機応変に寝かしつけの時間を変更してみるというのも大切なポイントとなります。

また、生後3か月未満の赤ちゃんの場合、まだ昼と夜の区別があまりついていない可能性もあります。生活リズムを整えるのは生後3か月がたってからの方が整いやすいといいますので、それまでは、赤ちゃんが眠そうなタイミングで寝かしつけをしてあげると、いつもよりも短い時間で眠ってくれることでしょう。

生後6か月程度になるとある程度昼夜の区別もしっかりとついてきますので、出来るだけ毎日同じ生活リズムを作ってあげるようにしてあげてください。

夜になると眠る時間と赤ちゃんが認識することによって、上手に眠りに入れるようになる子もいます。

  • ライブドアブログ