背中スイッチを押さずに寝かしつける方法ってあるの?

W610Q75_35

よく赤ちゃんのお世話をしている人同士で話をしていると「背中スイッチ」の言葉が話題になります。

この背中スイッチは赤ちゃんに実際にあるわけではありません。

抱っこなどで眠った赤ちゃんをお布団に寝かせるときに背中が布団に触れると起きて泣いてしまうという現象から背中にスイッチがあるのではないかと比喩されるのです。

ご自分の腕の中ではすやすや眠っていて、置いても大丈夫かなと布団に連れて行ったのに大号泣。こうなってしまうとまた一から寝かしつけをし直さなくてはいけない…なんてことになりますよね。

こんなことを一晩のうちに何度も何度も繰り返している方もいらっしゃるかもしれません。気が付いたら朝で絶望した…なんていう経験がおありの方もいるのではないでしょうか。

この背中スイッチを押さずに上手に寝かしつけられたらいいですよね。

■一体いつになったらなくなるの?

背中スイッチが最も敏感なのが生後1か月くらいから半年くらいまでといわれています。これは、生後数か月の赤ちゃんはレム睡眠の状態が長いため、すやすやと眠っているように見えてもほんの些細な刺激で目を覚ましてしまうことがあるからです。

レム睡眠状態の赤ちゃんは常に目が覚めやすい状態にあります。

ノンレム睡眠の時間が長くなるにつれ、この背中スイッチ対策もしやすくなります。一般的には生後8か月~1歳くらいにはノンレム睡眠の時間も大分伸びますので、このタイミングで布団に寝かせるようにすれば、赤ちゃんを起こさずに寝かせることができるようになってきます。

■ぬくもりがなくなるのがイヤ?

背中スイッチが発動する大きな理由として、抱っこされていたぬくもりがなくなってしまうからではないかといわれています。

赤ちゃんはパパやママの匂いを覚えています。そして、その匂いは赤ちゃんにとっては心が安らぐとても良い匂いなのです。

パパやママの匂いやぬくもりが急に離れてしまうことに不安を覚えて布団におかれると泣いてしまうなんていうことになってしまいます。

■姿勢の問題も?

生後3か月くらいまでの赤ちゃんは丸まった姿勢が自然な形となります。しかし、布団に寝かせられると背骨が伸びてしまい、赤ちゃんの心地よい体勢が崩れてしまうのです。そのために泣いてしまうとも考えられています。

■背中スイッチを押さないことってできるの?

完全に背中スイッチを除去することはできません。しかし、押さずに寝かしつけるためのいくつかの方法がありますので、是非一度お試しください。

●寝かせる姿勢をかえる
月齢の小さい赤ちゃんなどは是非授乳クッションなどを活用して、抱っこをするときに寝かせるときの姿勢を取ってあげましょう。あらかじめ授乳クッションと一緒に抱っこしてあげれば、寝かせるときはそのままクッションごとおいてあげるだけで済みます。

また、あおむけ寝よりもうつぶせ寝の方が上手く眠るということもわかっています。SIDSの心配もありますので、月齢が上がってきたら様子を見ながらうつぶせ寝をさせてみるのもよいかもしれません。

●布団を温めておく
ぬくもりが離れるのを嫌がって泣くのではないかといわれていますので、あらかじめ寝かせる予定の布団を温めておきましょう。この時に、ママの匂いのするタオルなどを引いてあげたりするとなおよいかもしれません。

●おなかの上で寝かせてみる
パパやママがあおむけになり、そのうえで赤ちゃんをうつ伏せにさせます。赤ちゃんが眠ったら、少しずつ体制をずらして布団へ誘導してあげましょう。

虫歯が心配?寝かしつけに授乳をするのをやめるタイミング

W610Q75_34

寝かしつけのときに授乳をしたり添い乳で寝かしたりという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

添え乳の場合はご自分も横になって寝かしつけることができるので体が楽ですよね。大変な時期はそんな少しの横になる時間でもとてもありがたく感じるものです。

しかし、離乳食が始まり歯が生えてくる時期になると、虫歯の心配も出てきます。母乳やミルクの成分には糖も含まれていますので、飲みながら寝ると歯磨きが出来ないので、大丈夫かなと不安な方もいらっしゃるでしょう。

では、授乳での寝かしつけを卒業するタイミングは一体どのような時なのでしょうか?

■上の歯が生えてきたら寝かしつけの前に歯磨きをしてあげましょう

赤ちゃんの口内に虫歯菌というのはもともと存在していません。虫歯菌は、パパやママなど他の虫歯菌を保有している人から移ることによって、赤ちゃんの口内に存在するようになるのです。

そのため、食器や食べものをきちんと使い分けていたり、口移しであげなかったりと色々を気を付けている場合は、今はまだそこまで歯磨きに躍起になる必要はありません。

特に下の歯しか生えていない場合は、唾液の分泌する部分がすぐ近くにありますので、歯磨きをしなくてもよいという歯科衛生士さんもいるほどです。

上の歯が生えてきたころになると、ガーゼや赤ちゃん用歯ブラシを使って、歯磨きを開始してあげましょう。歯磨きをするタイミングは寝かしつけの前がオススメです。
嫌がるかもしれませんが、歯磨きは大切な習慣ですのでできるだけ楽しいものと認識出るように工夫をしてあげてくださいね。

■夜間の授乳がなくなったら…

寝かしつけのときに授乳をするのをやめるタイミングですが、目安としては夜間の授乳がなくなったかどうかです。

赤ちゃんは栄養を細かく摂取しないといけないため、夜間の授乳が必要な時期があります。生まれたばかりの頃は2~3時間おきの授乳が当たり前なので、この時期に寝かしつけの授乳を止めようがどうしようが関係ありません。

生後6か月くらいになるとまとまって眠ってくれる時間も増えてきます。さらに離乳食も始まりますので、この時期から夜間授乳が不要になる赤ちゃんも出てくるでしょう。

赤ちゃんが眠る前におなかがいっぱいになるくらいまで授乳してあげてください。それから歯を磨いて寝かしつけをした際に、朝まで授乳が必要ない日が続けば、それはそろそろ寝かしつけの授乳を卒業してもいいですよという合図です。

■授乳以外の寝かしつけへの移行は大変

授乳は赤ちゃんにとってもとても幸せな時間です。添い乳などであげると特にママとの距離も近く、赤ちゃんは心地よい眠りに入っていきます。

そのため、そんな気持ちの良い眠り方からまた別の方法での寝かしつけは赤ちゃんにはとっても負担になるのです。

始めは大きく泣かれることを覚悟しましょう。授乳での寝かしつけから卒業するのはパパやママも、それなりの覚悟が必要になってきます。

新たな入眠儀式を決め、赤ちゃんが慣れるまで根気よく付き合ってあげる必要があるのです。

日本人にはびっくり!海外の寝かしつけ事情とは?

W610Q75_33

海外のママやパパたちと育児についてお話をしたことがありますか?

なかなか日本にいると海外での子育て術を知る機会って少ないですよね。何らかの事情で海外で子育てをしている日本人のパパやママが、海外での子育て方法が日本での当たり前といわれている子育て方法とは著しく違う部分があったりして、案外カルチャーショックを受けてしまうことも少なくないとか。

寝かしつけも海外と日本では大きく習慣が異なっているようです。今回の記事では海外の寝かしつけについて調べてみました。日本式の寝かしつけ方法が合わないなぁと感じていらっしゃる方は、もしかしたら、こちらの方が性に合っているなんてこともあるかもしれませんね。

■出産事情も大きく異なる?

日本ではふつう分娩の場合、病院で出産した場合は5日~1週間程度入院しますよね。その間にママは子宮の収縮など体調を整えたり、助産師さんに育児についてのアドバイスや、授乳脳方法、沐浴の方法などを教わったりもします。

しかし、イギリスやアメリカなどの海外では出産後1日しか入院しなかったり、長くても5日程度だったり、すごい所では日帰りなんていうこともあるそうです。これは、出産方法の選択が大きく違うということも挙げられます。

日本ではいまだに「痛みを伴ってこその出産」というイメージがありますが、海外では「無痛分娩」など体に負担を掛けない出産方法を選ぶことが主流となっている地域もあるのです。そういった土地柄の場合、母体への負担が少ないので、早く退院もできるということになります。

■母子別室は当たり前?

フランスの寝かしつけ事情をみてみましょう。

アナタは夜眠る時赤ちゃんと同じ部屋で眠っていますか?

なんとフランスでは赤ちゃんとパパやママと寝る部屋が異なり、一人で寝かせるのが当たり前だということです。これは生後早い時期から行われています。

赤ちゃんが眠くなった段階で部屋に連れて行き、ベビーベッドに寝かします。そのままとんとんとしてあげたり、声をかけてあげたり、子守唄を歌ってあげたりするのです。赤ちゃんが泣いても抱っこはせず、ひたすらあやしてあげます。

そして、赤ちゃんが眠りに入ると、部屋をそっとでて、パパやママは自分の時間を活用するということでした。

寝ている最中に泣いてしまった場合は、部屋に様子を見に行きますが5~10分くらいは何もせず観察しているそうです。赤ちゃんが苦しそうじゃないか?普段と違う様子はないかなど異変がないかどうか見てあげます。

いつもと同じと判断すればそのまま泣き止むまで様子を伺います。この時声掛けやとんとんはしてあげますが、決して抱っこはしないそうです。

こうすることにより、赤ちゃんは一人で眠る力をつけていくと考えられています。

■決して育児放棄ではありません

フランスのママたちの間には「赤ちゃんは一人で眠る力を持っている。私たちはそれをサポートしてあげるのが仕事だ」という考えがあります。赤ちゃんをもう一個の人間として扱い、独立した個人としてみているのです。

それは決して育児放棄ではありません。赤ちゃんが眠る部屋にはベビーセンサーやカメラなどを設置し、赤ちゃんに異変がないかどうか観察していますし、泣けば部屋に行き、「ママはここにいるよ」と教えてあげます。

泣いても決して放置せず、赤ちゃんが一人じゃないんだと安心して眠れるようなサポートは怠らないのです。

  • ライブドアブログ